« 06/03/21tue | トップページ | 06/03/24fri »

2006年3月23日 (木)

06/03/23thu

「サンボマスター/THE BACK HORN」@バナナホール

バナナホールが存続の危機と知り、早速この2バンドに相談を持ちかけてイベントが実現しました。

ホームグウランドって言葉がありますよね。“ホームとアウェイ”のホーム。「帰ってきた」「育った」って言える温かい場所。実は両バンドともホームと呼べる会場が大阪にはなかったんです。サンボは関西=スタークラブでしたし、バックホーンは3年前まで他イベンターさんが担当されていたので戦略が僕とは違いました。

「おかえり」「大きなったね」って言ってくれる会場、またお客さんもそう思える様な会場が全国にある事が、ツアーの楽しみ、成長のスピード、お客さんの成長、券売、何よりバンドの魅力を倍増してくれるんだと思います。そして、会場のカラーとバンドのカラーを見極めるセンス、繋ぎ合わせる工夫、育む努力が音泉の担う役割だと思っています。

バックホーンを担当させて頂く事になって最初にブッキングしたのがやはりバナナでした。バンドの急成長期という事もありBIGCAT→御堂会館→Hatchという“挑戦”に重きを置いた展開で進んできましたが、頭の中ではバナナでやるタイミングを常に計算していました。実際、制作の皆川さん&マネージャーの細名さん&メンバーともそんな話が多くなり始めた頃でした…

「サンボは絶対バナナが似合う」「バナナで見たい」そんな会話は最初からありました。実は…5月にバナナホールを押さえていたんです。ここをツアー初日にしようと。それが存続危機の騒動により変更になったんです。なので今回、このタイミングで実現した事がすっごく嬉しかったんです。

バナナで見るバックホーンとサンボはやっぱり良かったです。バックホーンのお客さんとサンボのお客さんをバナナが混ぜてくれました。メンバー同士の交流もバナナが深めてくれました。バナナホールには終わって欲しくないんです。

打ち上げは楽し過ぎて、起きたらバナナの楽屋でした…

THE BACK HORN

①幾千光年の孤独 ②カウントダウン ③光の結晶 ④初めての呼吸で ⑤花びら ⑥キズナソング ⑦カオスダイバー ⑧サニー ⑨ブラックホールバースデイ ⑩コバルトブルー

サンボマスター

①そのぬくもりに用がある ②ゲットバックサンボマスター ③青春狂騒曲 ④美しき人間の日々 ⑤歌声よおこれ ⑥全ての夜と全ての朝にタンバリン ⑦戦争と僕 ⑧手紙 ⑨世界はそれを愛と呼ぶんだぜ ⑩月に咲く花のようになるの

060323_16540001 060323_21140001

|

« 06/03/21tue | トップページ | 06/03/24fri »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51025/1353267

この記事へのトラックバック一覧です: 06/03/23thu:

« 06/03/21tue | トップページ | 06/03/24fri »