« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月27日 (月)

06/03/27mon

「春の音泉祭り!~開湯2周年記念~」@BIGCAT

テーマは「ライブが圧倒的なバンド全員集合」でした。ポリ&スクービー&キンブラという3組をノーマークのBleach&ズクナシで脅かしてやろう!そんな魂胆でキャスティングしました。

①KING BROTHERS ②ズクナシ ③SCOOBIE DO ④Bleach ⑤POLYSICS

出演順もすっごく悩んで決めました。で、コレしかないって。絶対コケれないでしょ。コケたら潰される順番。超プレッシャーやったと思います。各バンドのライブ力を最大限に引き出せたんじゃないですか?そうでもない?体調なんかもあるしね。

ただ、番台も言っていたように全力疾走バンドが5つも並ぶのは、見る側にもかなりの労力がいるなと…考えさせられました。

あと、実は裏テーマがあったんです。それは…DECKREC NIGHT!POLY&SCOOBE&KINGの同世代3組は元々レーベルメイトなんです。DECKRECレコード。しかし3組揃い踏みライブは一度もなかったんです。そこで是非実現させたいなと、そんな魂胆もありました。

バナナホールさん、ビールの差し入れありがとうございました!みんなお酒が好きなもんで♪

あとBleachの次回公演が決定しました。5/24@Fandango。共演はLINK&倉橋ヨエコ。チケットは4/15~発売開始です。

060328_02270001

| | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

06/03/25sat

Baby&CIDER@LIVE SQUARE 2nd LINE

ワタナベイビー(ホフディラン)とかせきさいだぁ≡による放課後ロックユニット。彼等のマネージメントってSET YOU FREEなんです。ご存知でしたか?まぁ、あんだけツアーやってたら気付きますわね。千葉さんの頑張りには感心させられます。

①ライブ②ビンゴ大会③ライブ 3部構成からなるワンマンライブ。しかも休憩あり!発想が素敵です。

さて、問題のビンゴ大会。僕がビンゴしちゃいました…で、当たったのはハズレ賞!ハズレ賞とは…手拍子でライブに参加する事!やりましたよ!恥ずかし過ぎ!次はもうちょっとイジッてくださいね。

さてさてマメ知識。FM802「SONIC STYLE」で「家族青春リクエスト」ってコーナーがありますよね。コーナー前の「マァキィのぉ~ソニックスタイルゥ~♪」っていうジングル、アレ実はBaby&CIDERなんですよ。知ってました?

帰りFM802へ立ち寄ると、UKプロジェクトの須藤さんがプロモーションに来られてました。せっかくなんで「MIDNIGHT GARAGE」を一緒に邪魔して…いえいえ盛り上げてきましたよ。気付けば外は朝でした…最近毎日こんな感じ。

060325_20010001060326_02260001

| | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

06/03/24fri

Bivattchee@LIVE SQUARE 2nd LINE

音泉は今日からセカンドライン2連チャン。岸本さん&みなさんヨロシクっす!

今日のビバッチェは良かった!過去最高に突き抜けたライブ!

Vo堤は真っ直ぐな男。だから、考え過ぎたり落ち込んだりがライブに出やすいんです。多くは語らないですが…ちょうどバンドが過渡期に突入。正直、迷ったライブをするんじゃないかと心配してました。

でも、そんな心配をよそに、迷いがない突き抜けたライブを見せてくれました。見えて来た感じ。本人達も自覚してました。これからも自然体でやっていこう!

気持ちがいいから打ち上げをしよう。発想が健康的。毎回やる必要はないしね。最近特にそう思います。Gu山本が昨日家族に不幸があったと教えてくれました。よう頑張ったね。プロやわ。

060327_23390001

| | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

06/03/23thu

「サンボマスター/THE BACK HORN」@バナナホール

バナナホールが存続の危機と知り、早速この2バンドに相談を持ちかけてイベントが実現しました。

ホームグウランドって言葉がありますよね。“ホームとアウェイ”のホーム。「帰ってきた」「育った」って言える温かい場所。実は両バンドともホームと呼べる会場が大阪にはなかったんです。サンボは関西=スタークラブでしたし、バックホーンは3年前まで他イベンターさんが担当されていたので戦略が僕とは違いました。

「おかえり」「大きなったね」って言ってくれる会場、またお客さんもそう思える様な会場が全国にある事が、ツアーの楽しみ、成長のスピード、お客さんの成長、券売、何よりバンドの魅力を倍増してくれるんだと思います。そして、会場のカラーとバンドのカラーを見極めるセンス、繋ぎ合わせる工夫、育む努力が音泉の担う役割だと思っています。

バックホーンを担当させて頂く事になって最初にブッキングしたのがやはりバナナでした。バンドの急成長期という事もありBIGCAT→御堂会館→Hatchという“挑戦”に重きを置いた展開で進んできましたが、頭の中ではバナナでやるタイミングを常に計算していました。実際、制作の皆川さん&マネージャーの細名さん&メンバーともそんな話が多くなり始めた頃でした…

「サンボは絶対バナナが似合う」「バナナで見たい」そんな会話は最初からありました。実は…5月にバナナホールを押さえていたんです。ここをツアー初日にしようと。それが存続危機の騒動により変更になったんです。なので今回、このタイミングで実現した事がすっごく嬉しかったんです。

バナナで見るバックホーンとサンボはやっぱり良かったです。バックホーンのお客さんとサンボのお客さんをバナナが混ぜてくれました。メンバー同士の交流もバナナが深めてくれました。バナナホールには終わって欲しくないんです。

打ち上げは楽し過ぎて、起きたらバナナの楽屋でした…

THE BACK HORN

①幾千光年の孤独 ②カウントダウン ③光の結晶 ④初めての呼吸で ⑤花びら ⑥キズナソング ⑦カオスダイバー ⑧サニー ⑨ブラックホールバースデイ ⑩コバルトブルー

サンボマスター

①そのぬくもりに用がある ②ゲットバックサンボマスター ③青春狂騒曲 ④美しき人間の日々 ⑤歌声よおこれ ⑥全ての夜と全ての朝にタンバリン ⑦戦争と僕 ⑧手紙 ⑨世界はそれを愛と呼ぶんだぜ ⑩月に咲く花のようになるの

060323_16540001 060323_21140001

| | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

06/03/21tue

「アナタとヨエコ」@クラブクアトロ

タイトル通りANATAKIKOUと倉橋ヨエコちゃんによる合同イベントです。東京公演は「ヨエコとアナタ」。関西はアナタキコウ、関東はヨエコちゃんがホスト役なんです。仲良し2組。

アナタキコウの「幻想港町」、ヨエコちゃんの「楯」は名曲です。

ただ今日のライブはお互い遠慮気味な感じ。そんな日もあります。良くも悪くもそれがライブ。次回、更に期待してますよ!

ベイブスター貝原君とKYOTO MUSE行貞君が何やら密談中。さては音泉を潰す気やな?

060322_00220001

| | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

06/03/20mon

「オーケンののほほん学校」@磔磔

チケットは早々に完売。このイベント人気です。

カラオケあり、バカ映像あり、トークあり、アコースティックライブあり。ゲストは掟ポルシェさん&吉田豪さん。盛り上がりは必至。

鉄板焼き屋さんで打ち上げてから解散。明日は名古屋公演です。

ちょうどKYOTO MUSEでメレンゲとplaneのライブがあったので、そちらの打ち上げも覗きに行きました。Key皆川さん、美味しそうに食べますね~

メレンゲのアルバム『星の出来事』かなり聴き込んでます。「カメレオン」「8月、落雷のストーリー」が頭ん中をずーっとループ。22日のVARIT.公演には僕も参戦しますよ!

060321_00480001

,.

| | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

06/03/18sat

「VINTAGE LEAGUE 013」@Shangri-La

ポメラニアンズ→つばき→藍坊主→Jackson vibeの出演順。

店長のシングルマンは結構いい加減な人物。普段はオモシロイんですが、自分の現場となると困る困る!

会場の機材トラブルでポメのリハが押してしまい、15分押しで開場することに。終演後に「フィッシュマンズ・ナイト」があるので、結果10名程のお客さんが入りきらぬままライブが始めざるを得ない事に…本当に申し訳ございませんでした。

売り切れてるのに受付スタッフ1人?無理に決まってるやん!

雨降ってるのに傘立てがないよ!袋もないやん!

楽屋がマンボカフェで行われていた結婚パーティーの控え室になってるし!事前に教えてくれよ!

| | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

06/03/17fri

3/16 ホイフェスタ/けちゃっぷmania/ザ☆ボン@VARIT.

3/17 ホイフェスタ 他@LIVE SQUARE 2nd LINE

VARIT.のブッキング担当は村井知恵蔵と高垣さん。

村井さんはKYOTO MUSEも兼任の人気者。

高垣さんは元々BIGCATの舞台担当として豪腕を振るっていたんですが、2004年に人生初の彼女ができ、初体験も済ませ、同棲も始まり、心機一転VARIT.で奮闘する事になりました。

電話が鳴れば2コールを待たずにモシモシ(テレクラで習得)、脚立には素早く登り(犬から逃げる時に習得)、VARIT.の屋台骨として絶賛活躍中です。

060316_19560001 060316_21500001

| | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

06/03/14tue

03/10fri 「アルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」@梅田ピカデリー

映画からの帰宅後、体調が急変しました。嘔吐と下痢が止まりません。しまいには発熱まで。汚い話ですが体重も激減です。正直、こんなに苦しい思いをしたのは初めてです。

桶洗いも同様の症状でぶっ倒れていました。一緒に食べた牡蠣があたったんやと思います。

060311_18490001

| | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

06/03/08wed

「SET YOU FREE TOUR 2006」@BAYSIDE Jenny

今日もベイサイド。連日お世話になります。

前説はプロレスラーのピンクタイガー。ぼちぼちウケテました。やっていきましょう飯島さん。

ベイサイド最後のセッチューはBaby&CIDER、TOMOVSKY、サンボマスター、フラワーカンパニーズ、銀杏BOYZと最強のラインナップ。

特筆すべきはトモさんでしょう。トモさんはアウェイに強い!このメンツ&客層に臆することなく(本当は気にしたはりました…)トモフワールド全開でした!セッチュー&音泉はトモさん猛プッシュです!

TOMOVSKY

①うたいまくる40才(S) ②ワルクナイヨワクナイ ③脳 ④骨 ⑤うしろむきでOK ⑥カンチガイの海 ⑦スポンジマン ⑧うたいまくる40才(N) 

ベイサイドでの音泉現場は今日が最後です…お疲れさまでした!

060308_18010001 060308_19390001

| | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

06/03/06mon

「3月6日は3.6MILKの日!」@BAYSIDE Jenny

今年もサブロクの日がやってきました。今回は東名阪ツアー。大阪のゲストはSQUEEZE!!と175R。東京はモンゴル800とHAWAIIAN6。やたら交友関係が広いんです、この人ら。

サブロクは西海岸の香り漂う超ハッピーなスカ・パンクバンド。更にハッピーなサプライズがありました。赤犬ホーン隊が飛び込み参戦してくれたんです!上がりました!

あと、ドラムのヨウイチ君の喋りがめちゃくちゃ寒いんで、サブロク未体験の方は1度この寒さを体感しに来てください。自分に自信が持てますよ。

帰りは信枝君の車で送ってもらいました。ありがとう。

Img_4383_3

| | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

06/03/05sun

馬渕監督からまた電話。「大晦日のシーンを撮り忘れた!京都まで来てくれ」と。作品名が「僕たちのサマーバケーション」やのに何で大晦日やねん!

kikiのVo桑木さんも合流して、三条寺町の矢田寺でのロケ。で、次は亀岡へ移動…いっぱい撮り忘れてるんやん!

そん次は…桂坂?バイト同期の哲史が結婚して桂坂に一軒家を建てとんねん!なんやこの差!

060305_21480001

| | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

06/03/03fri

「爆ひな'06」@BIGCAT

入社年、僕の1週間はこんな感じでした。5日間イベンター、1日はfm osakaに丁稚、1日は大学5回生。…4回生の試験時に大失恋して卒業単位を取り損なったもんで。

でfm osaka。番台に「山本さんっていうオモシロイ人がいるから、番組に立ち会って勉強して来い」と丁稚に出されたのです。ラジオっ子だった僕には願ったり叶ったり!な筈だったんですが…プロデューサー山本さん+ディレクター西山さん&DJ岸本さん&AD大賀さんの変人3姉妹による偏った教育により、今の僕が形成されてしまいました…

そんな皆さんと始めたイベントが「爆ひな」なんです。6年目の今回はニューロティカとジャパハリネットの初対決を実現!サプライジングアクトにエアギターの宮城マリオを迎えました。このキャスティングに偏った教育が表れていると思ってください。

打ち上げでは編成の藤原さんが酔っ払いのアッちゃん&ナボさんに絡まれたはりました…すみません!

060303_20150001 Img_4067_1

| | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

06/02/28tue

the blondie plastic wagon@CLUB Que

先日、BAD MUSICの佐藤さんよりブロンディのインビが届きました。その文面にちょっと落ちてしまいました…

99年の結成以来、7年間立ち止まることなく走り続けてきましたが、2/28のライブをもってその活動を一時休止します…

ブロンディは個人的に思い入れの強いバンド。同世代やし、付き合いも長いし。室蘭から上京してきた3人は素朴で人見知りな田舎者。それが楽器を手にしたとたん、攻撃的で且つ繊細な音楽をブチかますザ・ブロンディ・プラスチック・ワゴンに変身します。

Queでのライブは普段通り。口数少ないMCも。その平静を装う姿に胸が痛みました。バンドの状態が良く、飛躍するタイミングやったのに…。「また遊びにきてください」Vo&Gu篠原のMCには胸が詰まりました。

朝まで続いた打ち上げは楽しかったです。みんなと飲むお酒も美味しかったし。またやろうな。ってDr山田の後ろで篠原寝てるやん!

Ba仲俣君は日暮愛葉ちゃんのバンドに参加します。頑張ってな。

060228_20310001 060301_06430001

| | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »