« 筋肉少女帯@BIGCAT① | トップページ | 筋肉少女帯@BIGCAT③ »

2007年3月16日 (金)

筋肉少女帯@BIGCAT②

公演前夜は寝る事が出来ず、『復活究極ベスト大公式』を爆音で聴きながら当日を迎える事になりました。

Vo.オーケンさん&G.橘高さんとは都雅都雅公演以来です。P.三柴さんは「戸川純&三柴理のゴルゴタの夜」以来、実に6~7年ぶり。そしてそして、G.本城さん&B.内田さんとは初めましてです。お二人とも気さくな方でした。

それでも皆さん、放たれるオーラがやはり凄くって、全員揃ったステージはリハーサルからモノ凄い迫力!背中に大きく“筋肉少女帯”、肩に“大阪枚方”と書かれた特攻服姿でリハに臨む橘高さんはド迫力でした!

19:10、超満員のBIGCATで遂にKING-SHOWのLIVEが始まります。

①トゥルー・ロマンス ②くるくる少女 ③暴いておやりよドルバッキー ④カーネーション ⑤僕の宗教へようこそ ⑥踊るダメ人間 ⑦詩人オウムの世界 ⑧戦え!何を?人生を ⑨生きてあげようかな ⑩香奈、頭をよくしてあげよう ⑪日本印度化計画 ⑫バトル野郎 ⑬イワンのばか ⑭これでいいのだ ⑮サボテンとバントライン

EN①蜘蛛の糸 EN②元祖高木ブー伝説 EN③小さな恋のメロディ EN④サンフランシスコ

ライブの感想は詳しく書きませんが、ボクが目撃した筋肉少女帯は“新人バンド”であったとだけ伝えておきたいです。まるで筋肉処女帯です…ギャフン!

「ライブをするのが楽しい」「客席の反応が嬉しい」…たった2つの初期衝動が、最強の新人バンドの動力源なんだと再確認、いや発見出来たライブでした。攻撃的な選曲、その演奏や様感は、懐古的でお涙ちょうだいなんかではなく、フロンティア・スピリッツに満ち溢れていました。

すごいぞ、筋肉少女帯!

070316_17100001

|

« 筋肉少女帯@BIGCAT① | トップページ | 筋肉少女帯@BIGCAT③ »